アクセスランキング

旅行ちゃんねる

海外&国内旅行や文化・国内外のニュースに関する情報まとめブログ



タグ:ホテル

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
1: 風吹けば名無し 2015/12/06(日) 19:25:58.94 ID:gIw7CyIU0.net
ワイやで

Sponsored Link
続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
1: 栓抜き攻撃(四国地方)@\(^o^)/ 2015/09/25(金) 14:51:42.43 ID:X/q6TF+i0●.net BE:284465795-PLT(13000) ポイント特典
客室清掃のスタッフを困らせる、こんなにひどい客がいました。
no title


机やベッドに山のように積まれたゴミがお出迎え…。
no title

no title


トイレの使い方も尋常じゃありません。
no title

no title


こんなに汚すのは奇人変人だけ、と思ってはいけません。
こちらはスキー旅行に来た大学生グループが泊まっていた部屋。
no title

no title

no title


このホテルは45部屋近くも壊され、学生たちを訴えたそうです。
http://www.unlucky.top/archives/43752872.html

続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
1: キングコングラリアット(大阪府)@\(^o^)/ 2015/09/19(土) 11:51:41.77 ID:EQYvQFYd0.net BE:711292139-PLT(13121) ポイント特典
・中東系
彼らの習慣なんでしょうか、中東の富裕層のお客様の場合、いらなくなった食べ物、飲み物はすべて床に捨てます。そのため部屋のあちらこちらで食べ残しの料理が床に散乱し、チェックアウト後の清掃に入ると、カーペットには捨てられた飲食物が染み込んでいます。

・インド
私が働くホテルはキッチン付きのアパートメント型ではないのですが、インドのお客様がご宿泊された時に、部屋の中で何か調理をされたのか、スパイスの香りが強く残っていました。

・フランス
以前、フランス人のお客様がチェックアウトされた後、部屋のベッドが尿で濡れて使えないような状態になっていたことがあります。

・中国、イタリア
ホールにそれら国籍の団体客が入ると、お客様との会話は筆談しないといけないくらい騒々しくなります。 中でも中国人のお客様の場合、順番を待つということがあまりなく、他のお客様と対応している最中でも、横から中国語で話しかけようとします。『今、他のお客様に対応中ですので少々お待ちください』と英語で言うと、中国語で怒られますし心労は絶えません。

・日本
この部屋は気に入らないから変えてくれ、という要望がとにかく多いです。希望は直接伝えてこず、すべて添乗員を経由して行われます。 また、これはパリ・イル・ド・フランス観光局が出す冊子でも指摘していますが、要望があっても場で言わずに、帰国後にネットに不満を書くケースがとても多いです。

http://www.excite.co.jp/News/bit/E1442395268808.html

続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
1: 海江田三郎 ★ 2015/08/10(月) 10:00:48.79 ID:???.net
国内出張の多いサラリーマンの間で「ホテルが取れない」と悲鳴が上がっている。
民間調査では「予約を取れなかった経験がある」との回答が半分に迫る。宿泊料も上昇を続け、
東日本大震災のあった2011年に比べ東京で3割、大阪では4割ほど高い。
原因を調べると浮かび上がったのはアジアを中心とした外国人観光客。
ショッピングのしやすい大都市のホテルに宿泊先が集中し、出張族が押し出された格好だ。
http://www.nikkei.com/article/DGKKZO90344680Z00C15A8NN1000/ 

続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
1: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2015/06/04(木) 06:59:42.51 ID:5kAYXQ6lp.net
一睡もできんかったンゴ…
いびきうるさいんじゃ

続きを読む

このページのトップヘ