アクセスランキング

旅行ちゃんねる

海外&国内旅行や文化・国内外のニュースに関する情報まとめブログ



タグ:お土産

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
1: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/11/24(火) 20:07:27.532 ID:c5ARF92X0.net
おかずどうしよう……

Sponsored Link
続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
1: バズソーキック(秋田県)@\(^o^)/ 2015/09/21(月) 10:19:47.66 ID:Ua6S/c2a0●.net BE:194767121-PLT(13000) ポイント特典
■泳げ! たい焼きちゃんうどん
宮城県の菅生パーキングエリア(下り線)にあります。なんとうどんの中にたい焼きが入っているという、今までに遭遇したことのないグルメです。
たい焼きの中身はあんこなどの甘味ではなく、カレーが入っているとのこと。うどんとの相性も意外と合うそうです。旅の思い出として、食べてみるのもいいかもしれません。
■三陸ラーメン
岩手県を代表する名物グルメとなっており、県内のいたるところに三陸ラーメンを扱っているお店があります。あっさりが特徴の味わいとなっており、あっさり好きにはオススメ。
具材は様々ですが、海苔が乗っていることが多いです。麺は細麺となっており、細麺だからこそスープの味がしっかりと麺につきます。お店によって具材やスープの味わいも違うので、いろいろなお店に行ってみるのもオススメです。
■仙台牛タン
宮城県名物と言ったら仙台牛タンです。”喜助”と”利休”は、仙台牛タン店の中でも有名店となっており、都心にも出店されているほど。仙台牛タンは”牛タン定食”として出されることが多く、牛タン1品というのはありません。仙台に訪れた際は、必ずと言っていいほど食べたいグルメです。
■八戸せんべい汁
青森県の地名でもある、八戸が料理名に入った郷土料理です。名前の通り、せんべいが入っている汁物であり、昔から伝統料理として愛され続けています。八戸市内に八戸せんべい汁を提供しているお店が集中しているので、八戸市を訪れた際はぜひとも味わいたい伝統料理です。B-1グランプリでグランプリを獲得したこともある、東北を代表するB級グルメになります。
■味噌付けたんぽ
秋田県花輪サービスエリア(下り線)にあります。秋田県と言えばきりたんぽが名物ですが、ここで紹介するのが味噌漬付けたんぽというものです。
秋田県発祥でもあるたんぽを気軽に食べることができます。味噌を塗ってから焼くので、味噌の味がしっかりと染みこんでいますよ。

http://news.livedoor.com/article/detail/10614496/

続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
1: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/10/16(金) 22:29:08.155 ID:qONKGgKg0.net
いらねえよ

続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
1: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/10/11(日) 21:00:12.341 ID:wALv8v900.net
お土産はきびだんごにする予定

続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
1: 名無しさん@おーぷん 2015/09/23(水)10:00:03 ID:iZU
もらって困る「イヤなお土産=いやげもの」9割が経験あり、1位は何?

シルバーウィークが終わると、各地に旅行へ行ってきた人から「お土産」をもらう人も増えるだろう。
そんな時困るのが、「もらっても嬉しくない、イヤなお土産=いやげもの」。

「DeNAトラベル」が今年8月、そんな “いやげもの”に対する気持ちを少しでも晴らしてもらうべく、“いやげもの”をSNSに投稿してもらい抽選で10万円分の旅行をプレゼントするキャンペーンを行ったところ、たくさんの投稿が集まった同時に、同サイトのネット会員665人に対しウェブアンケートを実施した結果、日本人らしい優しさか「いやげものをもらっても、何も言えなかった」人が9割を占めることも分かった。

「“いやげもの”をもらったことがありますか」と尋ねたところ、「ある」と回答した人が90.4%と大多数を占めた内実を聞いてみると、1位は食べ物・飲み物。「まずい」「食べ方がわからない」の意見が目立った。無難なものを選ぶのがいちばんかもしれない。

2位は人形・置物・飾り物で、「置き場所に困る」「趣味に合わない」「捨てづらい」という理由が多く挙げられたというDeNAトラベルのサイトには、エキゾチックな置物や人形、お守り(?)などの写真が投稿されており、見ると確かに「困りそう」なものもある。

3位は衣料品など。「地名の入ったTシャツ」や「民族衣装」など、なかなか着る機会がないものをもらった人が多いようだ自由コメントでは、「旅行した人が訪問したパンフレット。(40代・女性)」や「砂漠の砂(20代・女性「エアラインのビジネスクラスで使ったオリジナルグラス。(30代・女性)」など、旅行に出かけた本人の「自己満足」を押し付けられた、と感じる人が多いようだ。

そんな「いやげもの」だが、価格を聞いたところ「1000円未満」が半数を占め、安価なおみやげほど“いやげもの率”が高い結果となった次いで「1000~3000円未満」が3割、しかし、「3000円以上」も1割、「5000円以上」の高価格帯も4.5%と、少ないながら潜んでいる。

そんな“いやげもの”だが、90%以上の人が「『要らない』とは言えない」と回答。本人に伝えた人はわずか7.2%だったおみやげ選びは難しい。結局は珍しいものに走らず、無難がいちばん、ということだろうか。

http://www.excite.co.jp/News/column_g/20150922/Economic_53680.html

続きを読む

このページのトップヘ