アクセスランキング

旅行ちゃんねる

海外&国内旅行や文化・国内外のニュースに関する情報まとめブログ



カテゴリ:ヨーロッパ > スイス

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
2510434

1: 2016/07/18(月) 22:21:14.29 ID:bZZWt4c20● BE:601381941-PLT(13121) ポイント特典
世界初 スイスで屋根のないホテルがオープン

スイスのアルプスに、世界初の屋根も壁もないホテルがオープンした。同ホテルを経営するのは2人の兄弟。

ホテルは海抜1970メートルの場所にあり、一つの部屋で構成されている。PressTVが伝えた。

このホテルに高級な部屋はない。宿泊価格は1泊260ドルで、早春から晩秋まで利用できる。

ホテルは山に囲まれており、山のパノラマ景色の他に、個人用バトラーサービスもあるという。
モーニングコールをしたり、コーヒーやサンドイッチを運んでくれるという。

http://jp.sputniknews.com/europe/20160718/2510458.html

Sponsored Link
続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
1: FinalFinanceφ ★ 2015/09/30(水) 08:53:21.95 *.net
スマートフォンが報道の常識を覆そうとしている。スイスのローカルニュースTV局レマン・ブルー(Leman Bleu)はこの夏、全ての撮影・録音機材を「iPhone(アイフォーン)6」に切り替えた。
同局のキャスターは「iPhone6」をスマートフォンなどで自分の写真を撮るための「自撮り棒」に取り付け、ニュースを伝えている。スイスの仏語紙ルタンなどが伝えた。

レマン・ブルーのディレクター、ローレント・ケラー氏によると、この措置はコスト削減に加え、身軽さと視聴者への反応の速さを追求する試みの一環。通信大手スイスコムと提携し、報道に必要な環境と技術をそろえた。今年6月には、英金融大手HSBCホールディングスがスイスを拠点に脱税ほう助を行っていた問題をめぐるスイス連邦検察庁の記者会見を、「iPhone6」から自社のツイッター・アカウントを通じて生中継。これは英紙ガーディアンにも取り上げられるなど好評を博した。ケラー氏は「報道の常識を乗り越えたい」と、新技術の取り入れに積極的な姿勢を示している。

近年、スマートフォンとソーシャル・メディアの普及により、報道各社は速報性の維持や視聴者獲得に苦労している。一方、画質の向上に加え、戦場や従来機材の持ち込みが難しい地域での機動性など、
スマートフォンが報道で示す役割を評価する向きもある。米CNNは、視聴者が携帯電話で撮影した映像や写真を元に報道するチャンネルiNewsを開始。

2013年には、米ローカル紙シカゴ・サンタイムズが専属カメラマンを解雇し機材を「iPhone」に切り替えるなど、試行錯誤が繰り返されている。
http://nna.jp/free_eu/news/20150930chf004A.html

続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
1: 名無しさん@おーぷん 2015/09/03(木)21:53:07 ID:f0F
ふう……
no title

続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
1: 風吹けば名無し 2015/08/18(火) 01:06:03.14 ID:If/WC2sM0●.net BE:284465795-PLT(13000) ポイント
トーマス・スウェーツさんは三日間スイスアルプスのヤギの群れと調査しながら暮らしました。手足に義手をつけて四つ足で動き回りました。スウェーツさんは「人間を休む」ことがもくてきだったそうで、「私の目標は将来の心配や過去の後悔などの自己意識から休暇をとることででした。」
と話したそうです。彼は人間がどのように自分の欲望を満たすためにテクノロジーをを使うか、
ということに興味を持つイギリスのデザイナーだそうです。

no title

no title

no title

http://www.unbpost.top/archives/1037179931.html

続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
chuse

1: 風吹けば名無し 2015/05/29(金) 13:08:46.61 ID:???*.net
 「分かったぞ! 」――約100年に及ぶ研究の末、スイスの科学者チームが、「スイスチーズの穴」をめぐる謎を解明した。子どもの頃、ネズミがかじって穴ができたと教えられたかもしれないが、実際はそうではない。

スイス連邦政府の農業研究機関、アグロスコープ(Agroscope)研究所(ACW)の専門家チームによると、エメンタールやアッペンツェラーなどの有名なスイスチーズの特徴でもある「穴」は、材料の牛乳に含まれる微量の干し草と関係しているのだという。これまでは、チーズ内のバクテリアに起因していると考えられてきた。

研究では、チーズ作りに使われる牛乳の搾乳方法によって穴に変化が生じることがわかった。現代的な方法では、スイスチーズの謎の穴は小さくなるか、消えてしまうこともある。

ACW広報のレジス・ナイフェラー(Regis Nyffeler)氏は、この違いが生じる原因として伝統的な
乳搾りで使われる「昔ながらのバケツ」の存在を挙げた。バケツの中に落ちた干し草の微小片が、最終的にチーズの穴に発生させているのだという。

このテーマに関する研究は、少なくとも1917年から続けられてきた。当時、米国人研究者のウィリアム・クラーク(William Clark)氏が詳細な研究結果を発表し、牛乳に含まれるバクテリアが放出する二酸化炭素(CO2)によって穴が生じると結論付けていた。

現代のチーズ生産現場においては、密封された搾乳機が開放状態のバケツに取って代わり、牛乳に含まれる干し草の微小片が完全に排除されている。研究チームは、過去10~15年間で、スイスチーズの穴の数が少なくなっていると説明した。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150529-00000007-jij_afp-sctch 
続きを読む

このページのトップヘ